フランス観光開発機構が2015年観光キャンペーン「春夏秋冬、色めくフランス」を発表 [fr]

 フランス観光開発機構は3月24日、2015年観光キャンペーン発表記者会見をホテル椿山荘東京で開催しました。

JPEG

フランス観光の現況と展望

 フランス観光開発機構のフレデリック・メイエール在日代表は、報道関係者155人とパートナーが出席した発表記者会見でフランス観光の現況を報告しました。

 フランスは2014年も世界1位の観光客数を維持しています。2013年にフランスを訪れた観光客数は前年比2%増の8,370万人を記録しました。フランス国内総生産(GDP)の7,3%を占める観光は、フランスの主要な産業部門です。メイエール在日代表は中でも2つの傾向を強調しました。

  • 宿泊数は4 .6%増加。これはフランスに滞在する外国人観光客の滞在期間が長くなったことを示しています。
  • アジアからの観光客のシェアが6.6%増加し、外国人観光客の22%を占めます。日本からの観光客数は2013年に微減しましたが、依然としてフランスの観光を支える存在であり、フランスの文化施設を訪ねる外国人観光客の中でも日本人はトップです。

 フランスは2015年、多くの文化プロジェクトがめじろ押しです。フランスを代表する2人の建築家ジャン・ヌーヴェルとクリスチャン・ド・ポルザンパルクによるフィルハーモニー・ド・パリのオープンに続いて、レンゾ・ピアノが設計にかかわったジェローム・セドゥー・パテ財団の映画博物館の開館とロダン美術館のリニューアル。トウールーズでは航空科学や技術をテーマにした新しい博物館アエロスコピア、ルーアンではパノラマXXLが新名所となります。独創性にあふれた大規模な記念イベントも多数予定されています。一例を挙げると、フランソワ1世即位500年を記念した展覧会がブロワ城、アンボワーズ城で開催。さらにルイ14世没後300年記念「国王崩御」展が、ヴェルサイユ宮殿で開催されます。

新キャンペーン「春夏秋冬、色めくフランス」

 新キャンペーンは四季をテーマとし、キャッチフレーズは「春夏秋冬、色めくフランス(La France : chaque saison, une émotion)」。日本と同様にフランスにも季節ごとに感動があり、四季がフランス人の生活にリズムをもたらしていることから、四季を通じて何度でもフランスを訪れたくなるキャンペーンを目指します。

 「春夏秋冬、色めくフランス」では、観光大国フランスの唯一無二の豊かさを、アルザス地方やミディ・ピレネー地方、ノルマンディー地方、ロワールの古城のほか、国内24都市の特色や美食、数多くのイベントを通して紹介します。

 合計1,500万人以上がキャンペーンに触れる見込みです。

 キャンペーンのパートナーは、エールフランス航空、株式会社エイチ・アイ・エス、ギャラリー・ラファイエット、ローラン・ペリエに加えて、フランスの生活美学とノウハウを具現するバカラが今回初めて参加します。アンスティチュ・フランセ日本の協力で、フランスの観光プロモーションを日本全国に展開します。

大地真央さんと森田恭通さんが2015年フランス観光親善大使に

フランス観光開発機構のフレデリック・メイエール在日代表
フランス観光開発機構のフレデリック・メイエール在日代表
エール・フランス航空のジャン=ユード・ド・ラ・ブルテッシュ日本支社コマーシャルディレクター
エール・フランス航空のジャン=ユード・ド・ラ・ブルテッシュ日本支社コマーシャルディレクター
2015年フランス観光親善大使に任命された森田恭通さんと大地真央さん、右はティエリー・ダナ駐日フランス大使
2015年フランス観光親善大使に任命された森田恭通さんと大地真央さん、右はティエリー・ダナ駐日フランス大使
フランス観光親善大使の森田恭通さんと大地真央さん、ティエリー・ダナ駐日フランス大使、パートナー企業・機関代表者
フランス観光親善大使の森田恭通さんと大地真央さん、ティエリー・ダナ駐日フランス大使、パートナー企業・機関代表者

 レセプションでは女優の大地真央さん、デザイナーの森田恭通さんご夫妻が、ティエリー・ダナ駐日フランス大使により2015年フランス観光親善大使に任命されました。

 大地さんはマリー・アントワネットやアブリエル・シャネルなど、フランスのヒロインを多く演じた経験があり、フランスを第二の故郷のように感じています。日本人にはまだ知られていないフランスの四季の魅力を観光大使として伝えていきたいと語りました。

 森田さんは大役を受けたことは大きな喜びで、フランスは自身にとってインスピレーションの源であると語りました。

 両名は2007年にシャンパーニュ地方のエペルネで結婚式を挙げ、公私共にフランスと深い縁があります。フランスへの熱い思いをレセプション参加者と分かち合いました。

新キャンペーン「春夏秋冬、色めくフランス」
 
 3月16日から15日間、首都圏の地下鉄で中吊り広告や駅のスクリーンで映像を展開。2015年9月にキャンペーン第2弾を予定。4月7日発売の女性誌CREAとのタイアップで、20ページの特集記事を掲載。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やインターネットでも継続的に展開します。
 
 キャンペーン期間中、フランス観光開発機構ホームページでは、エールフランス航空券と高級ホテルグループ、ルシアン・バリエールのホテル滞在がセットになったツアーなどのプレゼントも用意されています。

最終更新日 13/05/2015

このページのトップへ戻る