ネパール地震、フランスが救援物資輸送 [fr]

 フランスは大規模な緊急援助を展開しています。保健医療・人道支援要員55人と救援物資25トン(シェルター、医薬品、食糧支援)を搭載したエアバス提供の航空機が今朝、カトマンズに到着しました。さらに救援隊や救援物資60トンを積んだ航空機2便が近く到着する予定です。

動画:フランスがネパールに救援物資を輸送

パリ、2015年4月29日

 これらの航空機はNGO(非政府組織)の人員を輸送する一方、幼い子どもや負傷者を抱える家族など、現地で最も脆弱な状況にあるフランス人を帰国させるために利用されます。

 フランス当局は、特に発電機、テント、医薬品、手術器具、栄養補助食品を含む人道援助物資数十トンの輸送も確認しました。

ローラン・ファビウス大臣、フランス外務・国際開発省危機センター、2015年4月28日(写真:MAEDI/F. de la Mure)
ローラン・ファビウス大臣、フランス外務・国際開発省危機センター、2015年4月28日(写真:MAEDI/F. de la Mure)
ローラン・ファビウス大臣、フランス外務・国際開発省危機センター、2015年4月28日(写真:MAEDI/F. de la Mure)
ローラン・ファビウス大臣、フランス外務・国際開発省危機センター、2015年4月28日(写真:MAEDI/F. de la Mure)
ローラン・ファビウス大臣、フランス外務・国際開発省危機センター、2015年4月28日(写真:MAEDI/F. de la Mure)
ローラン・ファビウス大臣、フランス外務・国際開発省危機センター、2015年4月28日(写真:MAEDI/F. de la Mure)
NGOの救援物資も輸送
NGOの救援物資も輸送
発電機、テント、医薬品、手術器具、栄養補助食品を含む救援物資
発電機、テント、医薬品、手術器具、栄養補助食品を含む救援物資
救援要員と人道支援物資約40トンがネパールに向けてフランスを離陸
救援要員と人道支援物資約40トンがネパールに向けてフランスを離陸
ローラン・ファビウス外務・国際大臣の記者会見、2015年4月27日(写真:MAEDI/F. de la Mure)
ローラン・ファビウス外務・国際大臣の記者会見、2015年4月27日(写真:MAEDI/F. de la Mure)

 世界の医療団、ハンディキャップ・インターナショナル、アクシオン・コントル・ラ・ファム(反飢餓行動)が救援活動に参加しているほか、国境なき医師団はカトマンズ市外で負傷者の治療に当たるため、インフレータブル医療テントを設営予定です。ポンピエ・ユマニテール・ド・リュルジャンス(緊急人道消防団)、エレクトリシアン・サン・フロンティエール(国境なき電気技師団)、スクール・イスラミック・ド・フランス(フランス・イスラム救援隊)、SOSアルティテュードなども、これらの救援活動に協力しています。

最終更新日 30/04/2015

このページのトップへ戻る