第4回欧州留学フェアにフランスから多数出展! [fr]

 第4回「欧州留学フェア2015」が5月15日(金)から17日(日)まで、駐日欧州連合代表部の主催、Campus France-フランス政府留学局・日本支局、ドイツ学術交流会(DAAD)、明治大学、同志社大学 の共催で行われます。

欧州留学フェア2015 - JPEG

 今年はヨーロッパの高等教育機関が多数参加、16カ国66ブースが出展します。

 東京では5月15日(金)と16日(土)に明治大学駿河台キャンパスで、京都では5月17日(日)に同志社大学今出川キャンパスで開催されます。ヨーロッパ留学に関心のある学生、研究者、若い社会人など、どなたでも詳細な情報を得られるほか、高等教育機関の代表者に直接質問ができます。

 会期中、元豊田通商ヨーロッパ社長、豊田通商株式会社の足立誠一郎常勤監査役による基調講演「若者よ、世界に出よう!」やヨーロッパ6カ国語体験レッスン、高校生のためのセミナー「ヨーロッパで学ぼう」、ヨーロッパ留学経験者によるパネルディスカッション「ヨーロッパを選んだ理由、行って学んだこと」など、テーマ別のプレゼンテーションも開催されます。

 日本を特に重視するフランスは15ブースを出展します。

 2012-2013年度に29万人近い留学生を受け入れたフランスは、極めて魅力的な留学先です。それを示すように、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の調査によると、フランスは世界3位の留学生受入れ国です。

 「日本国とフランス共和国の高等教育機関における履修継続のための履修、学位及び単位の相互認証に関する協定」が2014年5月、学生の移動性向上を目的に締結されました。この協定の締結1周年を記念して、両国の大学間協力の課題に関するセミナーがフェア前日の14日(火)、協定の署名当事者である国立大学協会(JANU)、フランス大学長会議(CPU)、フランス技師学校長会議(CDEFI)のほか、日仏の高等教育機関の代表者が多数出席して開催されます。

フランス政府留学局・日本支局長
ファビアン・ルディエ
大学交流担当官大学交流&リセ部門主任 
カトリーヌ・ドロゼフスキー


フランス政府留学局・日本支局長ファビアン・ルディエ(左)、大学交流担当官大学交流&リセ部門主任カトリーヌ・ドロゼフスキー - JPEG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■■■

フェア日程

東京 : 明治大学 駿河台キャンパス
5月15日(金)12:00~19:00
16日(土)11:00~17:00

京都 : 同志社大学 今出川キャンパス
5月17日(日)12:00~18:00

入場無料

学生、研究者、大学関係者、社会人など、どなたでも入場できます。

最終更新日 18/05/2015

このページのトップへ戻る