森美術館リニューアルオープン記念「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」 [fr]

 森美術館リニューアル・オープン記念「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」が4月25日(土)から7月5日(日)まで、東京・六本木の森美術館でポンピドゥー・センター・メスならびにエルメス財団と共同で開催されます。

JPEG - 106.8 kb
アンリ・マティス 《「ジャズ」9 形態》 1947年
ステンシル、紙 40.8×57.7cm
所蔵 : 神奈川県立近代美術館

 19 世紀から20 世紀にかけて、ヨーロッパでは数学、機械工学、生物学、地質学や考古学の探求の中で「シンプルなかたち」の美学が再認識され、工業製品や建築のデザインなどに多大な影響を与えました。同様に、その品格ある魅力は多くのアーティスト達を魅了し、近代美術の多数の名作を生み出しました。

 一方、このような単純で美しい「シンプルなかたち」は、自然の中や、世界各国のプリミティブアート、民俗芸術、伝統文化の中にも、数多く見出すことができます。日本においては、工芸品や茶道具、仏像や禅画などに同様の美学が体現されています。 

 本展は、このような古今東西の「シンプルなかたち」約130点を9つのセクションで構成します。古くは先史時代の石器から、現代アーティストによるダイナミックで先鋭的な作品まで、地理的なひろがりと歴史的なつながりを示しながら展望し、時空を越えた普遍的な美を描き出します。

 フランスの有名美術館・博物館のコレクションから名品が多数出展される他、グザヴィエ・ヴェイヤン、エマニュエル・ソーニエ、大巻伸嗣など、日仏の現代アーティストたちが森美術館の広い空間を活かした大型の新作インスタレーションを展示するのもみどころです。

 「シンプルなかたち」が備える普遍的な美は、私たちが生きる上で真の豊かさとは何かを問い直すことでしょう。

森美術館館長
南條史生
JPEG - 31.5 kb
写真・Nawa Makiko

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■■■

「シンプルなかたち展:美はどこからくるの か」
会期 2015年4月25日~7月5日
会場 森美術館
開館時間 10:00~22:00(5月5日を除く火曜日は17:00閉館)
森美術館ホームページ

最終更新日 15/04/2015

このページのトップへ戻る