食の喜びを共有するイベント「グード・フランス」 [fr]

 「フランスのディナー」を共に楽しむ美食イベントが3月19日、世界150カ国のレストランや大使館で開催され、1,500のディナーコースが供されました。

 各参加レストランは、「分かち合う」、「楽しむ」、「美食と地球を大切にする」という共通の価値観を忠実に守りつつ、それぞれ生命感、開放性、革新性にあふれる料理を創作しました。

 都内のフランス大使公邸では同日夜、約40人の招待者がテーブルを囲み、和気あいあいとした雰囲気の中で、普遍性、質の高さ、多様性を特色とするフランスの美食を堪能しました。

 フランスの豊かな郷土色がさまざまな料理に姿を変えて、会食者の舌を楽しませました。それとともに会話も弾み、それぞれにテーブルアートやサービス、特産のチーズなど、美食にまつわる逸話を披露しながら、フランス食文化の体験談に花を咲かせました。

 今年2月に創設された「France Alumni-フランス留学経験者グローバルネットワーク」に所属する若手女性ピアニストによるリサイタルが、夕食会の最後を飾りました。

JPEG

最終更新日 03/04/2015

このページのトップへ戻る