日本郵政の西室泰三社長がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 日本郵政株式会社の西室泰三代表執行役社長が3月14日(土)、東京・港区のフランス大使公邸で行われた叙勲式で、ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣よりレジオン・ドヌール勲章オフィシエに叙されました。

日本郵政の西室泰三社長とローラン・ファビウス外務・国際開発大臣
日本郵政の西室泰三社長とローラン・ファビウス外務・国際開発大臣
葛山健
日本郵政の西室泰三社長とローラン・ファビウス外務・国際開発大臣
日本郵政の西室泰三社長とローラン・ファビウス外務・国際開発大臣
葛山健
日本郵政の西室泰三社長とローラン・ファビウス外務・国際開発大臣
日本郵政の西室泰三社長とローラン・ファビウス外務・国際開発大臣
葛山健
西室夫妻
西室夫妻
葛山健
西室夫妻、ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣、マリー=フランス・マルシャン=ベレ夫人
西室夫妻、ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣、マリー=フランス・マルシャン=ベレ夫人
葛山健

 西室氏は1961年に東京芝浦電気株式会社(現・株式会社東芝)入社、1996年に同社取締役社長に就任しました。2005年から2010年まで株式会社東京証券取引所のトップを務め、東京証券取引所グループの設立に寄与、同グループは2013年に大阪証券取引所と統合し、世界3位の証券取引所が誕生しました。西室氏は2013年より、日本企業2位の日本郵政株式会社取締役兼代表執行役社長を務めています。東芝時代に日本経済団体連合会副会長も務めました。

 西室氏は東芝の経営者として、日仏間の産業・技術連携で大きな役割を果たし、フランスに多くの雇用を生み出しました。東芝は今日、フランスの子会社を通じて1,000人近くを雇用しています。西室氏は日仏経済人クラブにも設立以来参加し、日仏経済関係の強化に貢献しています。同クラブは両国の実業界が議論する主要な枠組みで、西室氏は2014年より共同議長を務めています。

最終更新日 30/12/2015

このページのトップへ戻る