日欧オ-プンアクセスミーティングを開催 [fr]

 オープンアクセス分野のフランスとオランダの専門家からなる調査団が1月27日から30日まで、フランス大使館科学技術部の招待を受けて来日しました。研究界にとって世界規模の主要テーマであるオープンアクセスの日本における現状を網羅的に調査し、協力の可能性を模索するため、さまざまな関係者と面会することが目的でした。

日欧オ-プンアクセスミーティング
日欧オ-プンアクセスミーティング
在日フランス大使館
日欧オ-プンアクセスミーティング
日欧オ-プンアクセスミーティング
在日フランス大使館
日欧オ-プンアクセスミーティング
日欧オ-プンアクセスミーティング
在日フランス大使館
日欧オ-プンアクセスミーティング
日欧オ-プンアクセスミーティング
在日フランス大使館
日欧オ-プンアクセスミーティング
日欧オ-プンアクセスミーティング
在日フランス大使館

オープンアクセス、世界的な学術研究の新しいモデル

 オープンアクセスとは、研究や教育から生まれた学術論文をインターネット上で即時に無償で常時閲覧できる状態にすることです。この動きは1990年代に起こり、学術出版社の圧力増大とデータ占有が各国のデジタル主権をめぐる問題を引き起こすに至って、近年ますます大きな広がりを見せました。

日仏協力の強化

 調査団は国立情報学自動制御研究所(INRIA)が調整役を務め、INRIAの主任研究員2名、国民教育・高等教育・研究省の代表者1名、パリ第7大学の研究者1名、オランダの数学・情報科学分野の研究所CWI(Centrum Wiskunde & Informatica)の所長1名で構成されました。

 調査団はオープンソースの問題に携わる日本の諸機関(文部科学省、日本学術振興会、科学技術振興機構、国立情報学研究所)の責任者のほか、内閣府・総合科学技術・イノベーション会議の原山優子議員と面会しました。加えて2つのワークショップが開かれ、1つでは大学図書館の代表者と、もう1つではこの問題に取り組む日本の科学者と意見交換を行いました。論点は以下の通りです。

  • 学術雑誌の購読料とナショナルライセンスに関する既存の計画(費用、データの整理・保存と利活用といった一体化サービス、「データマイニング」など)
  • 著者が論文掲載料を支払う「ゴールド・オープンアクセス」型、著者が個人のウェブサイトに掲載またはオープンアーカイブに論文のコピーを提出する「グリーン・オープンアクセス」型、これらを組み合わせたハイブリッド型など、公開形態に関する既存の政策および日本の立場
  • 中でも「グリーン・オープンアクセス」型について、オープンアーカイブ(研究者に論文のオープンアーカイブへの提出を促す政策)や、査読およびコンテンツのプラットフォーム(フランス語でエピ・ジュルナル、いわゆる「オーバーレイジャーナル」)の普及現況
  • 研究データへの自由なアクセスに関する政策、すなわち研究データを自由に閲覧できる状態にするための全国レベルのインフラと勧告

 これらを通して、アーカイブとプラットフォームの同期化や一体化サービスの拡大のみならず、研究者の意識喚起に向けたグッドプラクティスの共有など、協力の新たな可能性が浮かび上がりました。今回の調査を踏まえて、日本におけるオープンアクセスの現状と日仏協力の展望が報告書として取りまとめられる予定です。

 この記事に関するお問い合わせは、エヴリ-ヌ・エチュベエ-ル科学技術担当官まで。

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る