「ピチェ・クランチェンと私」 [fr]

 フランス人振付家ジェローム・ベルとタイの伝統舞踏家ピチェ・クランチェンの共作「ピチェ・クランチェンと私」が、2月9日に福岡ダンスフリンジフェスティバルで、2月10日と11日に国際舞台芸術ミーティング in 横浜2015で上演されます。

JPEG - 35 kb
写真・association R.B.

 ジェローム・ベルは2004年9月、タン・フクエン(シンガポール出身のキュレーター)からバンコクのプロジェクトに招かれ、そこでタイの伝統舞踊家ピチェ・クランチェンと出会います。この出会いから本作「ピチェ・クランチェンと私」が生まれました。それまで一面識もなかった2人のアーティストが、文化の違いを乗り越えながら、美と芸術の実践を通してお互いを発見し合う、いわば舞台芸術とダンスのドキュメンタリー作品です。

福岡ダンスフリンジフェスティバル
2月9日(月)19 : 00
会場 パピオビールーム大練習室(福岡市博多区千代)

国際舞台芸術ミーティング in 横浜2015
2月10日(火)20 : 00
2月11日(水)16 : 00
会場 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

関連リンク

最終更新日 23/03/2015

このページのトップへ戻る