日仏共同研究ユニット「LINK」、つくばに開設 [fr]

 ティエリー・ダナ駐日フランス大使は10月28日、茨城県つくば市を訪れ、日仏共同研究ユニット「LINK(Laboratory for Innovative Key Materials and Structures)」開設式に出席しました。

JPEG - 48.4 kb
LINK開設式であいさつするティエリー・ダナ駐日大使

 新しい研究ユニットはサンゴバン社、フランス国立科学研究センター(CNRS)、独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)の長年にわたる協力の成果です。この国際共同研究ユニット(UMI)は、サンゴバン社の複数の事業部門、なかでもセラミックス、粉粒材料、クリスタル、ガラス、 研磨材料の各部門で応用可能な新材料を開発することを目標としています。

 LINKはサンゴバン社とCNRSに属し、材料分野における世界トップレベルの研究所であるNIMSの施設内に設置されました。サンゴバン社とCNRSが国際共同研究ユニットをフランス国外に設置するのは初めてです。LINKはレンヌ化学研究所(レンヌ第1大学とCNRSが共同運営)の「姉妹機関」となる予定です。

 CNRSはこれまで日本に3つの国際共同研究ユニットを設けています。「統合的マイクロメカトロニクスシステム研究所(LIMMS)」、「AIST-CNRS ロボット工学連携研究体(JRL)」、「日仏情報学連携研究拠点(JFLI)」で、LINKの設立によってCNRSの日本における国際連携体制が一層強化されます。

 ダナ大使はLINK開設式に先立って、つくば市の市原健一市長(写真右)と会談し、日仏協力について意見を交換しました。

JPEG - 445.4 kb
ダナ大使と市原健一つくば市長

 ダナ大使は続いて「AIST-CNRS ロボット工学連携研究体(JRL)」、LINKが開設されたNIMS(物質・材料研究機構)を視察しました。

JPEG - 82 kb
AIST-CNRS ロボット工学連携研究体を視察するダナ大使

- 問い合わせ先 : 科学技術担当官 セバスチャン・コディナ

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る