ラングドック=ルシヨン地方のワイン

Les vins du Languedoc-Roussillon

カニグー山のふもとに広がるAOCコート・デュ・ルシヨンのブドウ畑
カニグー山のふもとに広がるAOCコート・デュ・ルシヨンのブドウ畑
Hemis.fr
コリウールのブドウ畑
コリウールのブドウ畑
Hemis.fr

 光あふれる風景、豊穣な土地、独特な地中海の個性を持つワイン、太陽の恵みをたっぷり受けた地場産物や郷土料理など、ラングドック=ルシヨン地方には食いしん坊の心をくすぐるものが溢れています。

 ニームからピレネー山脈にかけて広がる広大なワイン産地は、ブドウ栽培に理想的な気候に恵まれ、驚くほど多様なワインが生産されます。赤ワインは果実味豊かなものからコクのあるものまで、白ワインは爽やかなものから複雑味のあるものまで、加えて極上の天然甘口ワインや広く認められた発泡ワイン、力強いロゼワインなどがあります。

 全体として力強い赤ワインは、香りのバリエーションが実に豊かです。若いコトー・デュ・ラングドックは赤い果実の香り、フィトゥーはさらにコショウの香りがするほか、骨格のしっかりしたフォジェールやサン=シニアンは鮮烈な香り、スパイスの香りがするコート・デュ・ルシヨンはソース煮込みのジビエやカスレと完璧に調和します。

 白ワインも同様に料理との相性が幅広く、エキゾチックな香りのワインは魚のグリルと、爽やかな飲み口のワインはブジグ名産の生カキと、より複雑味のあるワインはソースを使った料理とよく合います。有名なブランケット・ド・リムーは、青リンゴとハチミツの香りの発泡ワインで食前酒に最適です。

 リュネル、フロンティニャン、リヴサルトなど、極上の天然甘口ワインは甘い花の香りが特徴で、ロックフォールのようなブルーチーズやフルーツを使ったデザートと一緒にいただきます。モーリやバニュルスの力強さは、ビターチョコレートを使ったデザートと見事に合います。

最終更新日 15/10/2015

このページのトップへ戻る