ロワール地方のワイン

Les vins de la Loire

ソミュールの発泡ワイン、ボトルを手で回すシャンパン製法
ソミュールの発泡ワイン、ボトルを手で回すシャンパン製法
AFP
ブドウ畑の中にたたずむシャトー・ド・シノン
ブドウ畑の中にたたずむシャトー・ド・シノン
AFP
ソミュール=シャンピニーのブドウ畑と風車
ソミュール=シャンピニーのブドウ畑と風車
AFP
ブヴェ・ラドゥベのワイン貯蔵庫
ブヴェ・ラドゥベのワイン貯蔵庫
AFP

 古城群に程近く、ロワール川に沿って延々と続くブドウ畑から、さまざまな色のワインが生まれます。最も有名な白ワインはもちろん、食欲をそそる赤ワインやロゼワインなど、ロワール地方のワインは飲む人を魅了してやみません。

 フランスで一番長いワイン街道が東から西まで、極めて異なる微気候と土壌の4大産地(ソーミュロワ、トゥーレーヌ、アンジュー、ナント地方)を結んでいます。ほかにはない豊富なブドウ品種や、幅広い種類の香り高いワインが生まれる理由もそこにあります。

 ソミュール=シャンピニー、シノン、サン=ニコラ・ド・ブルグイユなど、バランスのとれた骨格のあるロワール産の赤ワインは高い評判を得ています。これらのワインのスミレや赤い果実を思わせる香りや、メヌトゥー=サロンのサクランボやキイチゴのような香りは、家禽肉や白身肉を使った料理とよく調和します。

 最も有名な白ワインは、芳醇で香り高いサンセールやプイイ・フュメのように高級魚とよく合います。まろやかさと繊細さが絶妙に調和したヴーヴレやモンルイは、白身肉との相性が抜群です。大衆的なミュスカデは貝類や甲殻類と見事に合います。

 とても美しいロゼワインは、自然と杯が進む爽やかな風味で、地元特産のシャルキュトリー(食肉加工品)のお供にはもってこいです。代表格のアンジューは口当たりが良く、心地よい甘美な香りで食前酒にも向いています。有名なクレマン・ド・ロワールをはじめとする発泡ワインは、フルーツたっぷりのデザートと楽しみます。

最終更新日 15/10/2015

このページのトップへ戻る