アリム=ルイ・べナビッド教授がラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞を受賞 [fr]

 フランスの神経外科医アリム=ルイ・ベナビッド教授は、パーキンソン病に関する革新的研究が認められて、アメリカのラスカー財団からラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞を授与されました。

 フランス人神経外科医アリム=ルイ・ベナビッド教授と共同研究者のアメリカ人マーロ ン・デロング氏は、パーキンソン病に関する革新的な研究に対して、アメリカのラスカー財団からラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞を授与されまし た。同賞はこの分野において世界で最も権威ある賞の一つとみなされています。フランソワ・オランド大統領は、この賞が「べナビッド教授が挙げた特に優れた研究業績を認め、フランスの医学研究に名誉をもたらす」ものであると、ベナビッド教授に祝意を表しました。

- フランス生物医学研究センターClinatecのプレスリリース(英語)

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る