ボルドー地方のワイン

Les vins de Bordeaux

熟成具合の点検、シャトー・ベレール
熟成具合の点検、シャトー・ベレール
AFP
2006年AOCポムロールのボトル
2006年AOCポムロールのボトル
AFP

 趣豊かで味わい深い地方、ジロンド。そのライフスタイルを満喫したり、ブドウ畑を探索したり、料理とワインの調和について手ほどきを受けたり…。なんと魅惑的な誘いでしょうか。

 ムートン=ロートシルト、イケム、ラトゥール、オー=ブリオン、アンジェリュス…。人を夢見心地にさせるボルドー地方のスターたちです。有名な1855年の格付けは、1度の改定を経て現在も脈々と生き続け、すべての銘醸ワインを網羅しています。特別なシャトーや伝説のワインが、ワイン醸造の長い歴史を物語ります。

 新進気鋭から伝説的な著名ワインに至るまで、あらゆるスタイル、あらゆる種類を含む約60のAOC(原産地呼称統制)ワインがあります。この極めて広大なワイン産地では、各ワインを構成するブドウ品種の調合、ブレンドに特徴の秘密があります。

 力強いタンニンのサン=テステフやポイヤック、エレガントなサン=ジュリアン、サン=テミリオン、魅惑的なポムロールや優雅なフロンサック、しなやかでニュアンスに富んだコート・ド・ボルドー…。全体として赤ワインは赤身肉、小型のジビエ、家禽類のローストとよく合う一方、メドックの一部のワインはチョコレートデザートとの相性が秀逸です。

 力強いグラーヴ、複雑なペサック=レオニャン…。一流の辛口白ワインはその豊かな香りが甲殻類、白身肉、高級魚とよく合います。極めて有名な甘口ワインはフォワグラやデザートとの相性が抜群です。フレッシュで清涼感のあるアントル=ドゥー=メールは、パエリヤやタパスのお供にぴったりです。

最終更新日 15/10/2015

このページのトップへ戻る