ティエリー・ダナ駐日フランス大使の略歴 [fr]

ティエリー・ダナ駐日フランス大使
Thierry Dana
Ambassadeur de France au Japon

Thierry Dana, ambassadeur de France au Japon - JPEG 1956年8月23日生まれ。法学修士号取得、政治学専門研究課程修了、政治学院卒業、国立行政学院卒業後、フランス外務省に入省しました。

 最初の赴任地は在アルジェリア・フランス大使館(1984-86年)。帰国後、フランス外務省北アフリカ・中東局(1987-88年)、同省戦略問題部に配属。1990年に同部長に就任し、北大西洋条約機構(NATO)の変革、ドイツ再統一、ワルシャワ条約機構の解体などの重要案件を担当しました。

 1993年から1995年まで首相付外交顧問補佐を、1995年に先進国首脳会議(リヨン・サミット)事務局長を歴任しました。

 1996年に駐香港フランス総領事に任命。1998年にフランス大統領府官房に入り、アジア・戦略問題を担当しました。

 2002年にフランス外務省アジア・オセアニア局長に任命されました。

 2005年5月に依願休職し、コンサルティング会社を設立。フランスの大企業や中小企業向けの国際展開戦略に関するサービス、外国の対仏投資家向けのサービスを提供し、これらの分野で特筆すべき業績を挙げました。

 2014年6月11日の閣議で採択されたデクレにより、駐日フランス大使に任命されました。

 2児の父親。国家功労勲章シュヴァリエを受章。

- ティエリー・ダナ駐日フランス大使の略歴(PDF)

最終更新日 07/01/2015

このページのトップへ戻る