アンドゥイエット

L’andouillette

JPEG - 93.5 kb
© Photocuisine

 トロワ産のアンドゥイエットは、シャルキュトリー(豚肉加工品)好きにはたまらない、地元自慢の逸品です。正統派アンドゥイエット愛好家友好協会(A.A.A.A.A.)は、伝統製法を積極的に保護することで、確かな品質を保証するマークとして浸透しました。

 フランスでは地方によって材料の肉や調味料が変わり、多くの種類のアンドゥイエットが作られています。トロワ産は原料に豚の内臓のみを使います。内臓を細く切って、風味豊かなブイヨンで長時間煮込み、タマネギを加えて、塩、コショウ、香辛料で味つけします。これを腸に詰めて、一人前ずつ小分けにします。

 グリルやフライパンで焼いてマスタードソースで味わう伝統的なレシピに加えて、冷製でもピクルスを添えて前菜にしたり、グリルで焼いたタマネギと一緒にパンに挟んでサンドイッチにしたりとさまざまに楽しめます。若々しくも繊細なプイイ・フュメやモンルイのようなロワール産ワインは、アンドゥイエットと相性も完璧です。

下準備20分、調理30分
6人分

  • アンドゥイエット6本
  • エシャロット2個
  • バター大さじ1
  • マスタード大さじ2
  • 生クリーム200cc
  • 塩、コショウ
  1. 薄くスライスしたエシャロットをフライパンに入れて中火にかけ、バターでしんなりとするまで炒めます。
  2. ナイフの先で穴を開けたアンドゥイエットを加えます。火を弱めて20分焼きます。
  3. アンドゥイエットを取り出します。生クリームとマスタードを合わせてフライパンに入れます。ソースを温め(必要ならば火を強める)、塩、コショウをして、アンドゥイエットをフライパンに戻します。しばらく温めてから皿に盛りつけ、マスタードソースをかけます。

おすすめの付け合わせ

 自家製マッシュポテト。バター1かけを添えて、パセリを飾りつけます。

おすすめのワイン

 プイイ・フュメ

最終更新日 15/10/2015

このページのトップへ戻る