グーグルグラスで手術を日仏間ライブ中継 [fr]

 フランス西部のレンヌで実施された手術が2月14日、メガネ型情報端末「グーグルグラス」を使って約1万キロメートル離れた日本の名古屋市立大学大学院に生中継されました。アメリカ国内では実施例がありますが、大陸間では世界で初めて実現しました。

 経験豊富なフランス人外科医が、日本でも最近許可された人工関節置換術の施術技術を日本人医師に教授するため、グーグルグラスを装着して手術を完全生中継しました。

 整形外科医のフィリップ・コラン博士が2月14日、レンヌ市近郊のサン=グレゴワール私立病院で執刀し、手術の様子が手術室から約1万キロメートル離れた日本に生中継されました。グーグルグラスを用いた手術の生中継は、アメリカ国内ではすでに実現していますが、異なる大陸間では初めてです。

 日本では名古屋市立大学大学院医学研究科の後藤英之准教授と武長徹也研究員、整形外科教室の学生たちが、手術室で見学しているかのように手術に立ち会いました。地理的な隔たりにもかかわらず、手術中の執刀医の解説を生中継で聞きながら、質疑応答もできるなど、実験は成功裏に終了。この技術が有意義かつ有用であることが確認されました。

 サン・グレゴワール私立病院と名古屋市立大学大学院では、コラン医師と後藤准教授の間で、数年前から積極的な交流が行われています。後藤准教授が所属する整形外科教室の吉田雅人医師が現在、コラン博士の下で留学研修中であることも、手術の生中継の実現に寄与しました。

 今年5月には、グーグルグラスを装着した後藤准教授が名古屋で執刀する手術を、フランスのコラン博士に生中継し、コラン博士の指導を受ける計画が予定されています。

 手術支援ロボット「ダヴィンチ」などを介した遠隔操作手術は、少しずつ広まっていますが、グーグルグラスには簡便で安価に実現可能という利点があります。

関係者連絡先

名古屋市立大学医学研究科 
後藤英之准教授
hide-g(アットマーク)fj8.so-net.ne(ドット)jp

サン・グレゴワール病院・肩センター
フィリップ・コラン博士(Philippe Collin)
collin.ph(アットマーク)wanadoo(ドット)fr

※ アットマーク(@)とドット(.)は手動で入力してください。

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る