アワラのブイヨン

Le bouillon d’awara

JPEG

 アワラはヤシ科の植物に房状になる実で、美しいオレンジ色をした甘みのある果実です。アワラのブイヨンは、この果実から抽出した果汁をベースに、熱帯のフルーツや野菜、塩漬け肉、キャッサバ、スパイス、南国の魚、エビ、木とバナナの葉でスモークした野禽類など、定番の材料を長時間かけて煮込んだ極めて濃厚なスープです

 食材の宝庫、混淆の料理……。フランス最大の海外県であるギアナは、アジア、アフリカ、中国、インドの影響が絶妙に混ざり合う多彩な料理が特徴です。

 ギアナ料理は伝統が息づく家族の行事です。この料理の作り方と味わい方には、れっきとした習わしがあります。アワラの実を濃厚な果汁にするところがミソで、スープは半日以上かけて煮込みます。ヤシ科の他の植物の果実からは、油脂や飲料、小麦粉の代用品なども作られます。

下準備2日、調理7時間
4~6人分

  • アワラペースト1キロ
  • ひと口大に切った牛肉250グラム
  • 豚バラ肉のスモーク250グラム
  • 豚の尾250グラム
  • 塩漬け豚モモ肉250グラム
  • 魚のスモーク250グラム
  • ローストチキン250グラム
  • ローストポーク250グラム
  • エビ250グラム
  • サヤインゲン500グラム
  • ホウレン草500グラム
  • 長キュウリ250グラム
  • キャベツ500グラム
  • 辛味キュウリ250グラム
  • ナス250グラム
  1. 前日に牛肉、豚バラ肉、豚モモ肉を水に漬けて塩抜きします。少なくとも1回は水を交換します。
  2. 翌日、塩抜きした材料と水に溶かしたアワラペーストを深鍋に入れ、弱火で2時間煮込みます。
  3. キャベツを水洗いし、ひと口大にカットした他の野菜(ホウレン草を除く)と一緒に鍋に入れ、約4時間煮込みます。
  4. 残りの肉を加えて30分煮込み、魚、エビ、ホウレン草を加えてさらに30分煮込みます。

最終更新日 15/10/2015

このページのトップへ戻る