プティブール

Les petits-beurre

ナント生まれの手作りの味
ナント生まれの手作りの味
Photocuisine
ナント生まれの手作りの味
ナント生まれの手作りの味
Wikimedia

 思わずほお張りたくなるナチュラルな焼き色、レース模様の縁、丸みを帯びた角……。世界中で大好評な長方形のビスケットは、見かけは小さくても知名度は絶大です。どこにでも気軽に持ち運べるので休憩のお供に最適、子どもの定番のおやつです。

 ナントの菓子職人が生み出したプティブールは、今ではビスケットメーカーによって大量に製造されています。小麦粉、砂糖、フレッシュバターをベースにしたサブレ生地は、卵を使わない独特な生地です。

 カリッとした食感のプティブールは、アイスクリームやフルーツサラダのお供に、またデザートの材料にも使われます。細かく砕いて溶かしバターと混ぜ合わせればタルト生地のベースに、コーヒーに浸せばティラミスのような「風味」に、チョコクリームと交互に重ねればちょっとしたケーキにもなります。

下準備20分、調理10分、冷蔵2時間
ビスケット約30個

  • 小麦粉250グラム
  • バター100グラム
  • 水60cc
  • 砂糖100グラム
  • 塩小さじ1/2
  • ベーキングパウダー1/2袋(約5グラム)
  • 重曹小さじ1/2
  1. 片手鍋を火にかけてバターを溶かし、水、塩、砂糖を加えます。よくかき混ぜて全体が均一になったら火から下ろし、時々かき混ぜながら冷まします。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、重曹をボールに入れて混ぜます。
  3. 溶かしバターを小麦粉に注ぎ、手早くかき混ぜます。
  4. 生地を冷蔵庫で2時間休ませます。
  5. 生地を伸ばして、型で抜きます。
  6. クッキングシートを敷いた天板に型抜きした生地を並べ、170度のオーブンに入れます。プティブールの焼き色を見ながら10分ほど焼きます。きれいな黄金色になったら取り出します。

おすすめの付け合わせ

 温かい飲み物と、お好みでビスケットに塗るジャムを添えてどうぞ。

最終更新日 15/10/2015

このページのトップへ戻る