ピカルディー風フィセル

La ficelle picarde

JPEG - 103.4 kb
© Photocuisine

 ピカルディー風フェセルはレストランのメニューでよく見かける塩味のクレープです。キノコをベースにして煮詰めたソースとハムを包み込んだクレープに、ナツメグと白コショウで香りづけした生クリームをかけ、おろしチーズを振ってオーブンで焼きます。

 これはピカルディー地方の名物料理です。ノールとノルマンディーの両地方の間に位置し、広大なソンム湾に臨むピカルディーは、森林文化の伝統が息づいています。同地方にはアミアンのマカロンのようにフランスの美食を代表する名物があります。そもそもこのレシピも1950年代にアミアンの縁日に合わせて、地元の料理人によって考案されました。

 ピカルディー風フィセルの秘密は薄焼きクレープ、上質なハム、細かくみじん切りにしてエシャロットと煮詰めたキノコにあります。豊かで優しい香りは、例えばアンジュのような軽めのロワール産ロゼワインと相性が抜群です。

下準備20分、調理45~50分
8人分

  • 極薄クレープ生地16枚

キノコのソース

  • キノコ500グラム
  • エシャロット3個
  • バター40グラム
  • 生クリーム100cc
  • 塩、挽きたてコショウ(できれば白コショウ)

その他の具材

  • ボンレスハムの薄切り16枚
  • 生クリーム400cc
  • おろしたエメンタールチーズ150グラム
  1. キノコは汚れを取り除き、エシャロットは皮をむいて、両方とも細かく刻みます。バターを鍋に溶かし、エシャロットを入れて弱火で30分火を通します。次にキノコを入れてよく混ぜ合わせ、さらに10分とろ火にかけます。鍋を火から下ろして生クリームを加え、塩、コショウをして混ぜ合わせます。
  2. すべてのクレープを作業台に並べ、ハム1枚とキノコのソース少量をクレープに入れてロール状に丸めます。1人用グラタン皿にフィセルを2本ずつ入れ、生クリームを全体にかけて、おろしチーズを振ります。
  3. オーブンをグラタンモードで予熱し、グラタン皿を入れて焼きます。オーブンから取り出したら熱々を食卓へ。

クレープのレシピ

 小麦粉250グラムと塩2つまみをボールに入れ、中央にくぼみを作ります。そこに卵3個を割り入れ、牛乳100ccを加えて、泡立て器でゆっくりと混ぜます。次に牛乳400ccを数回に分けて注ぎながら、滑らかで均一な生地になるまでよく混ぜ合わせます。生地を30分寝かせ、フライパンでクレープを焼きます。

おすすめのワイン

 アンジュのような軽めのロワール産ロゼワイン

最終更新日 15/10/2015

このページのトップへ戻る