4月1日

1er avril

JPEG

 4月1日に学友や先生の背中に紙で作った「4月の魚(ポワソン・ダヴリル)」を引っかけたり、自分が引っかけられたりした覚えのない子どもがいるでしょうか? この日はメディアも、うそのニュースをまことしやかに報道する習慣があります。4月1日には魚があちこちに見られ、冗談は数え切れません。いたずらが見つかったら「ポワソン・ダヴリル!」と大きな声で言います。

 起源は新暦導入

 この伝統の遠い起源はフランスにあり、1564年にさかのぼります。それ以前はマリアへの受胎告知の祝日と関連して、新年は4月1日に始まり(ユリウス暦では3月25日が元旦)、贈り物を交換する風習がありました。フランス王シャルル9世は1564年、ルシヨンの王令によって、3月末と4月到来の代わりに1月1日を日が長くなる目印、新年初日にすると定めました。

 改暦反対派

 後にローマ教皇グレゴリウス13世が1582年、この措置をキリスト教世界全体に広げ、1月1日から始まるグレゴリオ暦の使用が世界中に広まりました。他方、改暦に反発する人たちは当初、4月1日を祝う古い伝統に固執していたようです。一部にはそうした人たちを担ぐために、この日に贈り物をし合う旧習を利用して、風を縛るための綱や網目のないざる、畑の鍵、端が一つしかない棒など、彼らにうその贈り物をしました。

 偽の魚の贈り物

 4月1日はキリスト教徒にとって肉食が禁じられる断食の四旬節の最後に当たり、魚は最もよく見られる贈り物でした。ここから偽の魚の贈り物が生まれ、現実を受け入れない、あるいは正視しない人たちの日、すなわち有名な「4月の魚」が生まれたのです。

最終更新日 04/01/2016

このページのトップへ戻る