フランスでフランス人と結婚するため

 90日以下の滞在に対してビザが免除される国籍の方は、結婚の日程が短期滞在の最中である場合、フランスで結婚するためのビザは必要ありません。

 90日以下の滞在に対してビザを必要とする国籍の方は、結婚の日程が短期滞在の最中である場合、フランスで結婚するためにはシェンゲンビザが必要となります。

 結婚成立後、フランスで長期滞在を予定している場合は、国籍を問わず、「フランス人の配偶者ビザ」を申請しなければなりません。

 注意 「フランス人と結婚し、フランスで長期滞在するためのビザ」は2009年6月1日以降発給されておりません。国籍にかかわらず、結婚の滞在のために長期滞在ビザ発給を必要とする場合は、その状況を詳細に説明するためにフランス大使館ビザセクションへ連絡を取ってください

最終更新日 06/01/2015

このページのトップへ戻る