日仏エネルギ-ハ-ベスティング技術セミナ- [fr]

PNG - 16.7 kb
logo-sst-small

日仏セミナ-「ワイヤレスセンサ-ネットワ-クのための厳環境下における
エネルギ-ハ-ベスティング技術(環境発電技術)-無限のエネルギ-を目指して」

 近年、ワイヤレスセンサ-ネットワ-クを伴うさまざまな応用技術が、医学・輸送・土木工学・自然災害や工業災害の現場の緊急機械設備など、幅広い分野で検討されています。このようなネットワ-クの接点において、測量、信号処理、さらには大容量無線データ通信といった数々の仕事が実現されるはずです。しかしながらワイヤレス接続により、ネットワ-ク同士の接点がエネルギ-的に自立しなくてはならず、それがワイヤレスセンサ-ネットワ-クの利用を大きく制限する要因ともなっています。

 一方、バッテリーのおかげで、高密度のエネルギーを低価格で蓄えることが可能になりました。とはいえ、寿命の限られたバッテリーを必要に応じ定期的に交換し使用することは、化学的汚染のリスクがある上に高額なメンテナンスコストがかかります。また、厳しい環境下では使用不可能です(航空・宇宙・原子力など)。そこでセンサーネットワークの接続部周辺に存在する環境エネルギー(熱流、機械振動、光等)を取り込むことで、エネルギー源供給を可能にするのです。

 エネルギ-ハ-ベスティングは、限られたエネルギーの消費を抑えて循環させ機能させるというコンセプトの、大きな成長が期待される革新的な分野です。そして、多くの産業分野に応用できるこの機能の開発には、複数の学問領域の研究が要求され、研究機関と産業界との意見交換が必要とされます。

 今回の日仏セミナーは、この分野の最新の開発状況を検討し、産学両方の日仏研究者に情報交換の場を提供することを目的に、在日フランス大使館科学技術部とトゥールーズの国立科学研究センター、システム分析・構築研究所 (LAAS) の協力により開催されます。

期間: 2011年11月8 日(火)
会場: 在日フランス大使館

招待者のみ入場可能

お問い合わせ: 在日フランス大使館科学技術部
- 松本幾世 Tel. 03-5798-6044
- 高畑奈美 Tel. 03-5798-6041

- 日仏エネルギ-ハ-ベスティング技術セミナ-プログラム(PDF)

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る