研究者ビザ・同行家族ビザ

このビザは、フランスの公認機関(大学、国立研究所など)に研究の目的で3カ月を超える滞在者に適用されます。フランスの公認機関を管轄する県庁にお問合せ下さい。ビザセクションでは回答できません。

日本国籍の方およびシェンゲンビザの必要がない国籍の方で滞在が90日未満の場合、フランス側からの資金(給料、奨学金など)が出る場合においても、県庁(Préfecture)より承認を受けたコンバンション・ダキュイ(Convention d’accueil)をお持ちであればビザなしで入国が可能です。

ビザの有効期限

1. 滞在許可証としての効力を持つ長期ビザ

2009年9月1日より、フランス移民局(OFII : Office Française de l’Immigration et de l’Intégration)での必要手続きを行うことを前提に、3カ月以上・1年以内の滞在のためのいくつかのカテゴリーの長期ビザに対して滞在許可証としての効力を持つ長期ビザが発行されています。移民局発行の証紙シールがパスポートに貼付されることにより、手続きは完了し、長期ビザは滞在許可証として有効となります。

この移民局での手続きは必須となります。入国日より3カ月以内に移民局に登録がなされない場合、ビザ保持者はフランス当局より不法滞在者と認識され、発給されたビザは効力を失います。

発給されるビザには《SCIENTIFIQUE-CHERCHEUR》および《CESEDA R311-3 9°》と記載されます。このビザの受給者はフランス入国後OFII(移民局)申請書を居住県管轄の移民局へ書留で郵送し、呼び出し状を受け取って移民局より指定される手続きを行って下さい。

  • 戸籍及びフランスでの住居証明の提出
  • 写真1枚の提出
  • 申請料金349ユーロの支払い
  • 健康診断

注意:移民局申請用紙(Formulaire OFII)の作成は一度きりとなります。

2. 滞在期間の延長

ビザ有効期間以上の滞在を希望する場合、ビザの有効期間失効の2カ月前よりフランスの県庁(Préfecture)にて滞在許可証を申請する必要があります。滞在許可証申請に関するお問合せは、ご自身の居住地を管轄する県庁にお問合せ下さい。ビザセクションでは回答できません。

研究者の同行家族ビザ

研究者の同行家族(配偶者と子供のみ)のビザ申請手続きは簡略化されます。配偶者のビザには「 CESEDA L313-11 5°」という表記のされた「vie privée et familiale」(私的家族滞在)のビザとなり、フランス入国後2カ月以内にフランス入国後滞在許可証の申請が必要となります。子供のビザには「vie privée et familiale (mineur) 」(私的家族滞在・未成年)との表記がなされます。

研究者の渡仏後、後から合流する家族は、研究者のコンバンション・ダキュイの有効期間が少なくとも3カ月以上残っていることを条件に同様のビザを申請することができます。コンバンション・ダキュイが更新された場合は、家族は申請時に新しいコンバンション・ダキュイを提出する必要があります。

重要情報

ビザ申請書類の準備

最終更新日 11/03/2015

このページのトップへ戻る