レジオン・ドヌール勲章

L’ORDRE NATIONAL DE LA LEGION D’HONNEUR

歴史

 この勲章はナポレオン・ボナパルトによって1802年の5月19日に創設されたものであり、平時戦時に軍人や文化・科学・産業・商業・創作活動などの分野における民間人の「卓越した功績」を表彰することを目的としています。

 国家功労勲章とともに、共和国大統領の決定のもと、フランス政府より授与されます。 この勲章の赤いリボンは、17世紀にルイ14世によって設けられた「聖ルイ勲章」の名残です。

組織

 名誉総裁は共和国大統領です。大統領が賞勲局の総裁(通常は将官)を任命し、勲章の運営にあたります。16人で構成される議定官会議が定款の遵守に気を配り、新規または昇級の申請が法律と規約に沿っているかどうかを確認します。

ノミネーションと昇級について

 すべて共和国大統領の政令によります。

 この勲章には3つのGradeと呼ばれる等級 - シュヴァリエ Chevalier(5等)、オフィシエ Officier(4等)、コマンドゥール Commandeur(3等) - があり、さらにその上にDignite - グラントフィシエ Grand Officier(2等)とグランクロワ Grand-Croix(1等) - が存在します。

 フランス人で下の等級を持たずに上の勲章に叙されることはありません。フランスの国民がシュヴァリエを叙勲するには公職に最低20年それ以外の場合は一定の職業に25年勤続し、顕著な功績がなくてはなりません。さらに規定に基づいた調査によって品行方正で信望の厚い者であると認められなければなりません。

 オフィシエに昇級するためには8年前からシュヴァリエでなければならず、コマンドゥールの場合は5年間オフィシエに、グラントフィシエの場合は3年間コマンドゥールに、そしてグラングロワになるためには3年間グラントフィシエでいることが条件です。

 フランス人の選考に用いられる基準は大体において外国人の選択にも充当します。ただし、勤続年数と等級間の年数については例外です。なお、外国人の場合、グランクロワは国家元首に、グラントフィシエは首相クラス、そしてコマンドゥールは大臣クラスに与えられ、授章者は極めて限られています。

 シュヴァリエ、オフィシエ、コマンドゥールは日仏間の経済、文化交流の発展への功労者等に与えられます。なお、近代日本を築いた立役者が受勲していたことから、日本人が早い時期(明治初期)から授章の対象であったことは明らかです。現在までに約1500人の外国籍の受勲者があり、その1割が日本人です。

最終更新日 04/04/2014

このページのトップへ戻る