設計者の経歴 [fr]

ピエール=ミシェル・デルプシュ

Pierre-Michel Delpeuch

フランス政府公認建築家(1984年)、フランス建築アカデミー準会員
国立土木工学大学出身エンジニア(1983年)、国立理工科大学卒業

1958年生まれ

専門分野

プロジェクト マネージメント
建築、エンジニアリング、建築工事施行、
複合設備設計

職歴

2007年より

  • Iosis Concept, Villes & Territoires

1983~2007年

Aéroports de Paris (ADP、パリ空港公団)

  • 建築・エンジニアリング部(2000~2007年まで部長)
  • 委託建築施工部
  • 整備・計画部

ADP Ingénierie(ADPi、パリ空港公団子会社)代表取締役社長(2002~2004年)

主要業績

IOSISにて

2009年

  • ニース=サントーギュスタン駅マルチモーダル プラットフォーム
    クライアント : Plaine du Var国土整備公団/フィージビリティ・スタディおよび計画策定
  • TGVモンペリエ東駅
    クライアント : フランス鉄道線路事業公社(RFF)/スコーピング・スタディ
  • カーン市Les Rives de l’Orne地区
    クライアント : カーン市/都市研究

2008年

  • コペンハーゲン市ノール港
    クライアント : コペンハーゲン市/都市研究/入賞プロジェクト
  • チェボクサリ市(ロシア、チュバシ共和国)
    クライアント : SAVVAグループ/都市研究

ADP / APDi にて

  • 2006~2009年 : 東京-在日フランス大使館新庁舎(フランス外務省コンペ最優秀賞)
    投資クライアント : 三井物産・野村不動産/設計チーフ
  • 2005~2007年 : パリ・オルリー-Cœur d’Orlyビジネス地区
    設計チーフ/不動産施設多様化プロジェクト
  • 2003~2006年 : セビリア-エアバス400M型機最終組み立て工場
    クライアント : Airbus-EADS-CASA/設計チーフ
  • 2002~2006年 : ドバイ-エミレーツ航空エアバスA380型機向けメンテナンスセンター
    クライアント : エミレーツ航空/設計チーフ
  • 2002~2004年 : 米国-フォート ラウダーデール空港 新第4ターミナル
    クライアント : フォート ラウダーデール市/設計チーフ
  • 2002年 : ベトナム – ノイバイ国際空港(第1フェーズ)(新管制塔)
    クライアント : ハノイ空港/設計チーフ
  • 2002年 : モスクワ – シェレメティエヴォ国際空港第3ターミナル
    クライアント : アエロフロート・ロシア航空/設計チーフ
  • 2000~2004年 : トゥールーズ - エアバスA380型機最終組み立て工場
    クライアント : EADS-Airbus/設計チーフ/マスタープラン
  • 2000~2004年 : 新チュニジア国際空港
    クライアント : チュニジア民間航空局/設計チーフ/3,000ヘクタール規模
  • 1999~2000年 : オルリー空港南ターミナル改装
    クライアント : ADP
  • 1994~2000年 : キプロス-ラルナカ国際空港、パフォス国際空港新エアターミナル
    クライアント : キプロス運輸省
  • 1987~1995年 : 仏領西インド諸島-ポアンタ・ピートル エアターミナル(グアドループ)
    フォール・ド・フランス エアターミナル(マルティニーク)
    クライアント : フランス商工会議所
  • 1991~1993年 : ショッピングセンター «Cité de l’Europe» (ユーロトンネルのフランス側ターミナルに隣接したショッピングセンター)
    クライアント : Espace Promotion/設計チーフ
  • 1991~1993年 : パリ-都市計画 «Avenue Nouvelle»
    クライアント : SEMAPA
  • 1989~1993年 : パリ-シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2C&TGV / RER駅
    クライアント : ADP/プロジェクト案、本プロジェクト
  • 1988~1993年 : オルリー空港-駐車場P2-西ターミナル第1ホール
    クライアント : ADP/概略設計、設計
  • 1989~1993年 : 関西国際空港
    クライアント : 関西国際空港株式会社/マスタープラン、ターミナル概略設計
  • 1987~1993年 : 英仏海峡フランス側ターミナル(カレー)
    クライアント : TransManche Link(TML)、Eurotunnel/マスタープラン、事業・建造物調査
  • 1983~1987年 : モンペリエ空港新ターミナル
    クライアント : モンペリエ商工会議所/プロジェクト-現場監理
  • 1983~1986年 : ニース空港新ターミナル
    クライアント : ニース商工会議所/現場監理

その他

  • 2008年 : ラ・シャペル・スー・ブランシオン町議会議員(2008年)
  • 1995~2001年 : マンドル・レ・ローズ町都市計画担当副町長
  • 2005~2007年 : 国立土木工学大学講師
  • 1990~2004年 : 国立民間航空大学講師(航空施設マネージメント専攻修士レベル)
  • 1990~1999年 : 建築専門大学講師

ドミニック・シャヴァンヌ

Dominique Chavanne

1956年生まれ

主な経歴

 建築、都市計画を学び、歴史的建造物に関する実習を受けた後、特別任務官としてレユニオン島(フランス海外県)に2年間勤務。その後パリ近郊に建築・都市計画事務所を開設し、1985年にAéroports de Parisに入社する。

 1985年から1993年まで、パリで数多くの空港(シャルル・ド・ゴール空港第1ターミナル、モンペリエ空港、マルティニーク空港、グアドループ空港)およびカレーの英仏海峡ターミナルなどのプロジェクトにアーキテクト、またシニア アーキテクトとして携わる。

 この間、建築専門大学の博士課程にて空港計画・情勢について教鞭をとる。

 1993年から1995年までレジデント プロジェクト マネージャーとして、仏領西インド諸島のフォール・ド・フランス空港、ポアンタ・ピートル空港の新ターミナル監理に携わる。

 また、1996年から1998年まではフィリピンのマニラに赴き、マニラ空港第2ターミナルの監理においてもレジデント プロジェクト マネージャーを務める。

 1999年にパリに戻り、Aéroports De Paris Ingénierie(ADPi)のプロジェクト ディレクターとなり、主にモスクワのシェレメティエヴォ国際空港第3ターミナル、チュニジア中東部の国際空港、アルジェの空港の新エアターミナルや、トゥールーズのエアバスA380型機組み立て工場などのプロジェクトを担当する。

 2006年からはADPiの建築チームを率い、個人としても重視する東京のフランス大使館やヨーロッパ・ハウス、ジェッダ空港の新施設などのプロジェクトに注力する。

学歴

1980年 : パリ国立高等美術学院卒業-フランス政府公認建築家
パリ第4大学地域・都市整備専攻高等研究修了

職歴

  • 1999~2007年 : Aéroports De Paris Ingénierie(ADPi)-設計・エンジニアリング
  • 1984~1999年 : Aéroports De Paris(ADP)-設計・エンジニアリング部
  • 1983~1984年 : ドゥルダン市、建築・都市計画公共アトリエ
  • 1981~1982年 : レユニオン島(フランス海外県)、県建築部

主要業績

建築ディレクター

  • 2007~2008年 : サウジアラビア、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港拡張
  • 東京、在日フランス大使館新庁舎
  • 駐日欧州連合代表部新庁舎(ヨーロッパ・ハウス)

プロジェクト・ディレクター

  • 2007~2008年 : サウジアラビア、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ハッジ ターミナル
  • 2006~2008年 : カザフスタン、アルマトイ国際空港新旅客ターミナル
  • 2006~2009年 : カタール、カタール航空メンテナンス・センター
  • 2003~2007年 : アルジェリア、ウアリ・ブーメディアン空港新エアターミナル
  • 2002~2007年 : アラブ首長国連邦、エミレーツ航空機材向メンテナンス・センター
  • 2002~2007年 : スペイン、エアバスA400M型機最終組み立て工場
  • 2001~2005年 : フランス、エアバスA380型機最終組み立て工場
  • 2000~2009年 : チュニジア中東部、エンフィダ空港
  • 2000~2007年 : ロシア、モスクワ シェレメティエヴォ国際空港第3ターミナル

レジデント・プロジェクト・マネージャー

  • 1996~1998年 : フィリピン、マニラ空港新第2ターミナル監理(8万m²、1億5,000万US$)
  • 1993~1995年 : グアドループ、ポアンタ・ピートル空港新ターミナル調査・監理(2万5,000m²、3億3,000万F)
    マルティニーク、フォール・ド・フランス空港新ターミナル調査・監理(2万5,000m²、3億F)

シニア・アーキテクト

1988~1992年

  • 中国・海南省、三亜鳳凰国際空港の調査・監理
  • フランス・カレー、英仏海峡フランス側ターミナルの調査・監理
  • ユーロトンネル本社の調査・監理
  • キプロス、ラルナカ国際空港、パフォス国際空港新ターミナル調査

1984~1988年

  • フランス、モンペリエ空港ターミナル拡張
  • シャルル・ド・ゴール空港第1ターミナル内部改装

報道発表資料

最終更新日 07/09/2016

このページのトップへ戻る