科学部門フランス政府給費留学生の会-ABSCIF [fr]

概要

 科学部門フランス政府給費留学生の会(ABSCIF)はその名の通り、フランス政府の給費を受けて留学した自然科学分野の研究者の集まりとして1979年に在日フランス大使館科学部(現科学技術部)の協力を得て設立され、フランス政府給費による日本人留学生の会としては最も歴史が古く、会員数も多い団体の一つです。

 ABSCIFは自然科学分野での日仏間の親善に寄与し、併せて会員間の親睦を深めることを目的としており、シンポジウムや会議を開催し、研究者、エンジニア、在日フランス人留学生との間の交流をしています。

 現在600人以上の会員が研究者やエンジニアとして、科学技術のあらゆる分野にわたり、全国の大学、研究所、官庁、民間企業等の幅広い部門で活躍しています。

 日本人を対象とした給費留学制度は1931年に始まりましたが、ABSCIFの会員は大使館文化部から科学部が生まれた1968年以降の留学生です。現在、会員の中には、逆の立場で、フランスからの研修生や留学生を受け入れている者もいます。

 ABSCIFの会員はまた、日仏間のシンポジウムを開催することで中核的な役割を果たしています。たとえばABSCIFは、在日フランス大使館科学技術部や他の日仏関連団体との密接な協力関係のもと、Journée Francophone de la Recherche(JFR)に参加し、フランス語を話す若手の日本人研究者に研究発表の場を提供しています。

会報

 ABSCIFでは、会員に科学部門フランス政府給費留学生OBに向け、会報を年一回発行しています。

連絡先

科学部門フランス政府給費留学生の会(ABSCIF)
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿 3-9-25 日仏会館内

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る