オルセーのナビ派展 [fr]

 「オルセーのナビ派展:美の預言者たち-ささやきとざわめき」が2月4日(土)から5月21日(日)まで、東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催されます。

オルセーのナビ派展:美の預言者たち―ささやきとざわめき - JPEG

 パリのグラン・パレで開催されたナビ派の画家、フェリックス・ヴァロットンの回顧展「ヴァロットン-冷たい炎の画家」が2014年、三菱一号館美術館で開催されました。今回は日本で初めて開催されるナビ派全体の回顧展です。開館30周年を迎えたオルセー美術館が、本展の展示内容について三菱一号館と緊密に協力し、特別に所蔵品を貸与しました。日本の美術ファンにとってナビ派の重要性と影響力を理解できる絶好の機会です。オルセー美術館には、19世紀末のパリで前衛的な活動を行った若き芸術家のグループ「ナビ派」の研究センターが、近日開設される予定です。

会期 2017年2月4日(土)~5月21日(日)
会場 三菱一号館美術館
公式ホームページ 三菱一号館美術館

 

最終更新日 06/02/2017

このページのトップへ戻る