豊田通商の加留部淳社長がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 豊田通商株式会社の加留部淳社長が1月24日、フランス大使公邸で行われた叙勲式で、ティエリー・ダナ駐日大使により、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエに叙されました。

JPEG - 299.7 kb
豊田通商の加留部淳社長(右)とティエリー・ダナ駐日フランス大使
© 在日フランス大使館

 トヨタグループの豊田通商は1948年の創業以来、自動車分野はもとより、金属、グローバル部品・ロジスティクス、機械・エネルギー・プラントプロジェクト、化学品・エレクトロニクス、食料・生活産業など、幅広い分野で事業を展開している総合商社です。

 同社とフランスとの緊密な関係は、豊田通商と電動工具メーカーのマキタ電機製作所(現マキタ)が合弁会社マキタ・フランスを設立した1971年にさかのぼります。2000年代にはトヨタ自動車の生産拠点のフランス進出を受けて、自動車生産をサポートする事業を拡大しました。さらに2012年、フランスの大手商社CFAOに資本参画し、大規模な対仏投資を行いました。

 CFAOは中央・西アフリカ(フランス語圏)に極めて重要な販売網を有し、東・西アフリカ(英語圏)にすでに重要な基盤を築いていた豊田通商のアフリカ全域への事業拡大に貢献しました。

 豊田通商はCFAOとの協業によって、ヘルスケアや消費財などの新しい分野に進出しました。この投資は、フランスの子会社を足がかりとして、またはフランス企業とパートナーシップを結ぶことで、アフリカ市場に参入することを希望する日本企業にとって模範例となります。

最終更新日 27/01/2017

このページのトップへ戻る