被害者支援国際会議 [fr]

 被害者支援のための国際会議が1月9日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の庇護の下、パリで開催されました。

 フランス内外の専門家が出席し、経験や優良事例を共有しました。

 その目的は、各国間でよりよく連携された学際的な被害者支援政策のため、ヨーロッパおよび国際レベルのイニシアティブを提案することでした。

 フランスはここ数カ月間、外務・国際開発省危機・支援センターが指揮する各省連携被害者支援室(CIAV)の設置や、被害者支援担当大臣の任命によって、長期的な被害者支援を講じるための国の仕組みを強化しました。

最終更新日 10/01/2017

このページのトップへ戻る