仏独人権・法治国家賞を授与 [fr]

 フランスとドイツは今週、世界中で人権のために闘う勇敢な女性と男性をたたえます。

 仏独人権・法治国家賞が12月1日、ベルリンで行われた授賞式で、フランスのジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣とドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー外務大臣より授与されました。

JPEG

仏独人権・法治国家賞2016の受賞者15人

  • Tahmima Rahman (バングラディシュ)
  • Oleg Goulak (ベラルーシ)
  • Maria da Penha (ブラジル)
  • Saray Thun (カンボジア)
  • Maximilienne Ngo Mbe (カメルーン)
  • Beverley K. Jacobs (カナダ)
  • Wang Qiaoling (中国)
  • Montserrat Solano Carboni (コスタリカ)
  • Sunitha Krishnan (インド)
  • Mary Lawlor (アイルランド)
  • Pietro Bartolo (イタリア)
  • Eva Abou Halaweh (ヨルダン)
  • Sarah Belal (パキスタン)
  • Valentina Tcherevatienko (ロシア)
  • Jacqueline Moudeïna (チャド).
  • 特別賞:ホワイト・ヘルメット(シリア)

仏独人権・法治国家賞

 第1回目となる同賞は今後、毎年授与されます。人権の擁護や法治国家の推進のために自国またはEU域外の国、もしくは国際機関で尽力している人に光を当てることが目的です。

 2016年の今回の賞では、39人の候補者が世界中のフランス大使館とドイツ大使館から共同推薦されました。仏独の外務省合同の選考過程を経て、15人の受賞者が選出されました。

 特別賞は今年、市民救助隊「ホワイト・ヘルメット」に授与されました。彼らはその活動によって、生命の危険を冒しながら、シリアで爆撃の標的にされた民間人の救出に貢献しています。

仏独両大臣の寄稿文・声明

  • エロー、シュタインマイヤー両大臣の共同寄稿文(2016年12月1日)「これらすべての人たちには共通点があります。その出身や経歴にかかわらず、他者を助けることに人生をささげていることです。我々は彼らの取り組みをたたえるため、仏独人権賞を創設することを決めました」 ⇒フランス語全文
  • エロー、シュタインマイヤー両大臣は共同声明(2016年12月1日)で中国政府に対し、中国憲法で定められたような法治国家に従って、さらに弁護士が妨害を受けることなく依頼人を弁護し得なければならないという原則に従って、李和平氏を即時解放するよう呼びかけました。 ⇒フランス語全文

最終更新日 02/12/2016

このページのトップへ戻る