アレッポ情勢に関するエロー外務・国際開発大臣の声明 [fr]

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は11月29日、シリア・アレッポの情勢に関する声明を発表しました。

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣(2016年11月29日)

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は、アレッポにおける人道的惨事に直面し、この受難の都市の情勢と、住民を救援する手段を検討するため、国連安全保障理事会に緊急会合を招集するよう要請します。

 敵対行為停止の履行と妨害なき人道支援アクセスの確保が、かつてないほど喫緊の課題となっています。

 ジャン=マルク・エロー大臣は11月30日、フランス外務・国際開発省で、アレッポ地方評議会のブリタ・ハジ・ハッサン議長の訪問を受けました。

Photo F.de La Mure / MAEDI
Photo F.de La Mure / MAEDI
Photo F.de La Mure / MAEDI
Photo F.de La Mure / MAEDI
Photo F.de La Mure / MAEDI
Photo F.de La Mure / MAEDI
Photo F.de La Mure / MAEDI
Photo F.de La Mure / MAEDI

最終更新日 01/12/2016

このページのトップへ戻る