女性に対する暴力撤廃の国際デー [fr]

フランスは11月25日、この国際デーに際し、女性および少女に対するあらゆる形態の暴力に終止符を打つために全力を注いでいることをあらためて表明します。

JPEG

 1995年に北京で開催された世界女性会議から20年以上が経過しましたが、これらの暴力は世界の女性3人のうちの1人にとって、一部の国の女性3人のうちの2人にとって依然として現実です。

 フランスはすべての国に対し、国連女子差別撤廃条約の批准および履行と、女性に対する暴力および家庭内暴力の防止と撲滅に関する欧州評議会イスタンブール条約の批准を呼びかけます。

 我々は国連で交わされ、2015年に採択された「持続可能な開発目標」の中心に据えられた約束の履行のために全力を注いでいます。フランスとオランダの提案に基づいて、家庭内暴力に関する決議が11月21日、国連総会で採択されました。

 フランスは11月25日から12月10日まで、性別に基づく暴力に反対する国連ウィメンの16日間にわたるキャンペーンを支援します。

最終更新日 28/11/2016

このページのトップへ戻る