フランスの新しい観光振興策 [fr]

 フランス外務・国際開発省は国内総生産の7.5%を占める観光産業を振興するため、4,270万ユーロ規模の新計画を発表しました。

 世界の観光客流量が増加する中、フランスは自国の魅力向上とPR力強化を図ります。この課題と最近2年間に経験した試練に対処するため、以下の4つの優先課題を掲げた4,270万ユーロ規模の新計画を2016年11月7日に発表し、野心的な観光政策を導入しました。

  • とりわけ監視カメラ装置によって観光地の安全を強化しながら、フランス国内における観光客の安全を確保すること(1,550万ユーロ)
  • 広報手段・活動を強化しながら、外国人およびフランス人の観光客に対してフランスのイメージを一層向上させること(1,050万ユーロ)
  • 能力開発活動に共同で資金拠出するとともに、ホテル・カフェ・レストラン業界の近代化を支えながら、観光産業の事業者および従事者を支援すること(1,100万ユーロ以上)
  • とりわけ低所得の年金生活者10万人を支援しながら、すべての人がバカンスに出かけるための努力を継続すること(570万ユーロ)

 これら4つの優先課題に関する詳細は、フランス外務・国際開発省ホームページ(フランス語)をご覧ください。

PNG

インフォグラフィックのテキストのみをダウンロード(PDF - 124.8 ko)

最終更新日 21/11/2016

このページのトップへ戻る