モスル解放作戦に参加するフランス [fr]

 モスル解放のための軍事作戦が、有志連合の援護を受けて、イラク軍により開始されました。フランスはこれに全面的に参加します。

 この解放作戦の目標は何でしょうか? フランスはどのような形で参加するのでしょうか?

モスル解放戦が決定的である理由は?

 この戦いが軍事面で決定的なのは、ダーイシュがイラクで聖域の中枢を築けると信じた、まさに中心地を攻撃しているからです。この戦いによって、ダーイシュという脅威を我々すべての国から、何よりもまずイラクから、そして周辺諸国から、さらに我々フランス人やヨーロッパ人から取り除くことができます。

 モスル解放戦はイデオロギー面および象徴的な意味で決定的です。ダーイシュが2年以上前に圧政的なカリフ制の設立を宣言した場所で、この組織に打撃を与えているからです。

 この闘いはイラクにとって決定的です。モスル解放戦の課題は、避難を余儀なくされた人が居住地に帰還できる、平和かつ安全に暮らせるという希望をイラク国民に再び与えることです。避難者の帰還の条件整備に今からすぐに取りかかるとともに、過激主義やテロリズムの再発を完全に防止するよう力を尽くすことで、我々はモスル解放作戦を完全に成功させることができます。

焦点:対イラク政府支援におけるフランスの優先課題

  • モスルや周辺村落で今日ダーイシュによって危険な状況に置かれた一般市民を保護すること。モスル解放作戦に介入する部隊は、イラク当局の明示的な同意を得て、人権と国際人道法を完全に順守しながら行動しなければなりません。
  • モスル作戦から大量に避難する恐れがあるニネヴェ平野の住民に必要となる、あらゆる人道的援助および救援を提供すること。
  • イラク当局、クルド地方政府、地域の利害関係者全体が実効性のある安定化計画を策定すること。イラクの統一性と多様性を尊重するとともに、地域住民の熱望に応える、モスル市とその周辺地方の統治のためのロードマップを今からすぐに定めること。

関連記事

最終更新日 01/11/2016

このページのトップへ戻る