特別展「世界遺産 ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」 [fr]

 特別展「世界遺産ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」が2016年11月1日(火)から2017年2月19日(日)まで、東京・上野公園の国立科学博物館で開催されます。

JPEG - 116.9 kb
実物大で再現される壁画展示(イメージ)
© SPL Lascaux international exhibition

 ラスコー展は皆さまを過去への壮大な旅にご招待します。ラスコー洞窟の壁画は旧石器時代から引き継ぐ人類の宝であり、私たちの祖先であるクロマニョン人が驚くべき芸術的才能を持っていたことを示すものです。そしてこれらの作品は、今から2万年も昔に制作されたのです!

 芸術的創作に対する意欲は人間の人間たるゆえんだと言えるでしょう。その思いが長い年月を経て、ここに極めて正確な複製として展示され、私たちを魅了してくれます。いわば、第2の生を得て美しくよみがえるのです。各分野の専門家による数十年来の分析と解読の成果を、最先端の技術を駆使してご覧にいれる本展は、芸術的であると同時に、教育的、革新的な催しです。さらに、作品のコンテクストや技法、使用された道具についての極めて詳細な解説も必見です。

 このたびは 毎日新聞社とTBSの大変なご尽力によって、私たち人類の遺産であるラスコー洞窟の壁画が一般公開されることになりました。また、ラスコー洞窟があるドル ドーニュ県は、建築やガストロノミーの分野でも特に恵まれた、風光明媚なところです。ラスコー展をご覧になった親愛なる日本の皆さまが、さらにこの素晴らし いドルドーニュ県にも興味を持っていただければ幸いです。

駐日フランス大使
ティエリー・ダナ


ティエリー・ダナ駐日フランス大使 - JPEG
 
 
 
 
 
 
 
 
 

特別展「世界遺産 ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」
 
開催日: 2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
会場: 国立科学博物館(東京・上野公園)
公式ホームページ

最終更新日 01/11/2016

このページのトップへ戻る