シリアに関する国連人権理事会特別セッション [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は10月19日、シリアに関する国連人権理事会特別会合を支持する声明を発表しました。

フランス外務・国際開発省報道官声明(2016年10月19日)

 フランスはアレッポ情勢に関する10月21日の国連人権理事会特別会合の開催を支持するとともに、アレッポにおける敵対行為停止と人道支援アクセスのために国連安全保障理事会で進めている努力の延長線上で、この特別会合に積極的に貢献します。

 我々は戦争犯罪および人道に対する罪の場合には、だれがそれを犯したにせよ、不処罰のままにさせないように闘う決意をあらためて明確にします。

最終更新日 24/10/2016

このページのトップへ戻る