ハリケーン・マシューで被災したハイチに対するフランスの人道支援 [fr]

 フランスはハリケーン・マシューの通過後、ハイチ当局の要請を受けて即時に対応しました。フランス外務・国際開発省危機支援センターが連絡調整し、政府とNGO(非政府組織)が提供した人道援助物資がハイチに到着し、最も甚大な被害を受けた地域で配布が始まっています。

2016年10月12日

 フランスの公的支援(外務・国際開発省、厚生省、内務省)は、ヨーロッパ連合(EU)加盟国による支援全体の半分を占めます。緊急物資や医薬品、浄水装置など数十トンに上る救援物資が、専門スタッフによって輸送されています。これらの救援物資は81万4,000ユーロ分に相当します。フランスは2016年に50万ユーロ分の食料支援をハイチ国民に行っていますが、さらに15万ユーロ分を追加します。フランスによる緊急支援の総額は、すでに100万ユーロを超えています。

 危機支援センターがチャーターした航空機で輸送された5つのNGOと人道支援活動のパートナー財団による支援物資を加えたこれらの支援は、ハイチ当局の要請に対する最初の対応です。

フランスがハリケーン・マシューで被災したハイチの人道支援要請に対応

JPEG - 162.9 kb
チャーター機で救援物資を輸送
浄水装置と水質浄化剤の備蓄品、医療品(コレラ治療キット)、緊急物資
JPEG - 85.4 kb
エキュレイユ型ヘリコプター2機を派遣
上空からの被災状況調査、医療品や緊急時の輸送用
(エアバス・ヘリコプターズ財団と危機支援センターとの間で結ばれた協定の一環)
JPEG - 89.9 kb
市民安全部隊の専門家を派遣
EUの被害評価・ニーズ調査チームに職員2人、浄水装置の運用のための専門家60人

JPEG

ハリケーン・マシューの被災者を支援するため、ハイチに派遣されるフランス市民安全部隊の隊員

© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler
© MAEDI / Dominique Schnetzler

 

最終更新日 13/10/2016

このページのトップへ戻る