第2回「対仏投資月間」が世界各地でスタート [fr]

 第2回「対仏投資月間」が10月を通して開催されます。会期中、各国の経済的意思決定者に向けてフランスの魅力をPRするため、さまざまなイベントが世界70カ所以上のフランス大使館で開催されます。ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣とマティアス・フェクル貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣は、外国訪問の際に一部のイベントに参加します。

JPEG

 このイベント月間の目的は、フランスの強みや競争力分野の改革をはじめ、対仏投資をよりよく受け入れるために講じられた措置などに対する経済的意思決定者やオピニオンリーダーの認識を高めることです。

 複数の大使館が戦略的分野(医療・健康、金融、グラン・パリ、対アフリカ投資プラットフォームとしてのパリ)への投資に焦点を当てたテーマを取り上げます。

 昨年の第1回対仏投資月間には、経済的意思決定者や報道関係者など、2,000人以上が世界50カ国で開催されたさまざまなイベントに参加しました。

最終更新日 05/10/2016

このページのトップへ戻る