2008年ノーベル生理学・医学賞受賞者フランソワーズ・バレ=シヌシ博士の講演会 [fr]

 フランスのフランソワーズ・バレ=シヌシ博士が11月8日(火)に東京大学で、翌9日(水)に京都大学で講演を行います。バレ=シヌシ博士は1983年にリュック・モンタニエ博士とヒト免疫不全ウイルス(HIV)を発見し、2008年にノーベル生理学・医学賞を同博士と共同受賞しました。

 バレ=シヌシ博士は東京と京都の会場で、「世界が抱える医療の課題:HIV発見から21世紀を考えて」をテーマに、これまで歩んできた経歴、HIVの発見、21世紀の医療・公衆衛生の主要課題などについて語ります。

 講演会の参加費は無料。事前参加登録はこちらから。

JPEG - 131.4 kb
© Institut Pasteur 2008

関連記事

最終更新日 03/10/2016

このページのトップへ戻る