早稲田大学の鎌田薫総長がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 早稲田大学の鎌田薫総長が9月28日、ティエリー・ダナ駐日フランス大使により、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエに叙されました。

早稲田大学の鎌田薫総長
早稲田大学の鎌田薫総長
© 在日フランス大使館
早稲田大学の鎌田薫総長とティエリー・ダナ駐日フランス大使
早稲田大学の鎌田薫総長とティエリー・ダナ駐日フランス大使
© 在日フランス大使館
早稲田大学の鎌田薫総長とティエリー・ダナ駐日フランス大使
早稲田大学の鎌田薫総長とティエリー・ダナ駐日フランス大使
© 在日フランス大使館

 
 日本私立大学連盟会長を務める早稲田大学の鎌田総長は、フランスの民法および不動産法の専門家で、この分野で権威ある著書を多数刊行している著名な大学教授です。これまでフランス判例研究会をはじめ、日本の学術分野におけるフランスの影響力の確立に寄与する複数の団体を創設しました。日仏法学会の理事も務めています。

 早稲田大学は鎌田総長のもと、国際化プロセスを前進させるとともに、フランスとのつながりを強化しました。早稲田大学とフランス高等教育機関の間で20件以上の協力協定が結ばれ、年間50人以上の学生がフランスに留学しています。加えて、アンスティチュ・フランセ日本と早稲田大学国際教養学部(SILS)の間でも協定が結ばれ、同学部に新設された「フレンチプログラム」を支援する特別なパートナーシップが生まれました。

最終更新日 27/12/2016

このページのトップへ戻る