カンパニー・デフラクト『フラーク』 [fr]

 フランスの注目ジャグリングユニット、カンパニー・デフラクトが10月9日(日)から10月23日(日)まで、代表作『フラーク』を東京と福岡で上演します。

JPEG - 173.2 kb
カンパニー・デフラクト『フラーク』
© Pierre Morel

 フランスで今最もホットで、世界中から引く手あまたのジャグリングユニット「カンパニー デフラクト」がいよいよ日本にやってきます。

 今回上演するのは、国際的に高い評価を得た代表作の一つ『フラーク』(水たまり)。舞台上には、何十個ものボールと2人のジャグラー。しかしそこで展開されるのは、物が空中で飛び交う一般的なジャグリングではなく、ボールと身体がつむぎだす、まったく新しいパフォーマンスです。

 ボールを操っているのか、それとも操られているのか? 予測不能なその動きから一瞬も目が離せません!

上演時間 60分

出演:ギヨーム・マルティネ、エリック・ロンジュケル、ダヴィッド・マイヤール
ジャグリング:ギヨーム・マルティネ、エリック・ロンジュケル
音楽・ステージマネージャー:ダヴィッド・マイヤール
演出:ジョアン・スワルトゥヴァゲール
ジャグリング監修:ジェイ・ギリガン
照明:ダヴィッド・カーニー

日本公演

ジャパン・ジャグリング・フェスティバル
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)
10月9日(日)18時
お問い合わせ:info-jjf2016@juggling.jp

世田谷パブリックシアター(東京)
10月14日(金)19時30分
10月15日(土)15時
10月16日(日)15時

※関連イベント「ジャグリングワークショップ」が10月17日(月)、シアタートラムで開催されます。お申し込みはこちらから。

久留米シティプラザ(福岡公演)
10月22(土)・23(日) 

最終更新日 29/09/2016

このページのトップへ戻る