ガボン憲法裁判所が大統領選挙結果を発表 [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は9月24日、ガボン憲法裁判所による大統領選挙結果発表に関する声明を発表しました。

フランス外務・国際開発省報道官声明(2016年9月24日)

 
 ガボンの憲法裁判所が9月24日、大統領選挙の結果を発表しました。

 フランスはガボンの制度を尊重します。フランスは自国とガボンを結ぶ深いつながりを重視します。この精神に基づいて、フランスはとりわけヨーロッパ連合(EU)の監視団によって表明されたすべての疑問を取り除く目的で、選挙結果の透明かつ公正な審理を呼びかけました。

 フランスは異議申し立ての審査によって、すべての疑問を取り除くことができなかったことを認めます。

 フランスはガボン国民の自国制度に対する信頼を回復するとともに、人権と法治国家に関する国際的な規範からガボンを遠ざけないためのイニシアティブを取る一義的な責任はガボン当局にあると考えます。フランスは選挙結果に異議を唱え続ける人に対し、暴力行為を認めないこと、自国の平和と安寧を脅かさない手段によって主張を続けることを求めます。

 フランスはアフリカ、ヨーロッパ、世界のパートナー諸国と協議を続けることを望みます。とりわけアフリカ連合が総力を挙げた取り組みを続けるよう促します。

最終更新日 29/09/2016

このページのトップへ戻る