オランド大統領が国防会議を招集 [fr]

 フランス大統領府は9月22日、国防・国家安全保障会議に関する声明を発表しました。

フランス大統領府声明(2016年9月22日)

 フランス共和国大統領は9月22日、国防・国家安全保障会議を招集し、対テロ防護措置とダーイシュ(「イスラム国」)対策について現状を総括しました。

 会議では脅威の状況に適合した未然防止措置について現状を総括しました。

 会議ではシリア情勢の深刻度を検討しました。

 フランス共和国大統領はシリアの分割を回避し、同国民の苦難に終止符を打つため、国際社会が可及的速やかに行動するよう促す緊急の必要性を強調しました。そのために停戦を成立させること、人道支援物資の輸送を早急に可能にすること、紛争の政治的解決のために交渉を再開すること、化学兵器使用に制裁を科すことの絶対的必要性を重ねて表明しました。

 会議ではガボンの選挙後危機とコンゴ民主共和国の政治的暴力に関連する情勢の推移について報告がありました。

最終更新日 29/09/2016

このページのトップへ戻る