フランス観光開発機構がツーリズムEXPOジャパン2016特別賞受賞 [fr]

 フランス観光開発機構は9月22日、東京ビッグサイトで開催された世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2016」で、第2回ジャパン・ツーリズム・アワードの「ツーリズムEXPOジャパン2016特別賞」を受賞しました。フランスへの日本人旅行需要回復に向けた取り組みが評価されました。

フランス観光開発機構がツーリズムEXPOジャパン2016特別賞を受賞
フランス観光開発機構がツーリズムEXPOジャパン2016特別賞を受賞
© フランス観光開発機構
クリスチャン・マンテイ総裁がツーリズムEXPOジャパンフォーラムに出席
クリスチャン・マンテイ総裁がツーリズムEXPOジャパンフォーラムに出席
© フランス観光開発機構

 
 ジャパン・ツーリズム・アワードは毎年、旅行業界の団体、組織、企業が同業界の発展のために実施した最も優れた取り組みを顕彰するものです。

 2016年は国内外の35団体・企業が同アワードの各賞を受賞しました。フランス観光開発機構は2015年末より、日本人旅行者を対象としたフランス旅行の需要回復に向けた取り組みを一層強化しています。

 来日中のクリスチャン・マンテイ・フランス観光開発機構総裁が表彰式に出席し、特別賞を受賞しました。マンテイ総裁は受賞の喜びを次のように語りました。「この賞によって、観光業のために全力を尽くす不断の取り組みが評価されました。日本人観光客の減少は、日本人の海外旅行先としてヨーロッパ1位のフランスにとっても、日本の観光産業にとっても打撃です。我々は日本旅行業協会(JATA)と協調しながら、数多くの取り組みを実行しました。それらがフランスへの日本人旅行需要の回復につながることを期待します。こうした取り組みは必要な限り続けられます。我々は昨年同様、JATAの視察団を今年12月にフランスにお迎えします。フランスで開催される今年最後の理事会で、2017年に進めるべき取り組みを取り上げる予定です」

フランス観光開発機構のプレスリリース

最終更新日 30/09/2016

このページのトップへ戻る