メガシティーショートドキュメンタリーフェスティバル [fr]

 「MegaCities-ShortDocs」主催の国際コンテストで選考された短編15作品が9月29日(木)、アンスティチュ・フランセ東京で開催されるメガシティーショートドキュメンタリーフェスティバルで上映されます。

JPEG
 
 NGO「MegaCities-ShortDocs」が短編ドキュメンタリー映画祭を開催します。メガロポリス(巨大都市圏)が直面する課題と、これらの課題に応えようと試みる市民のイニシアティブを紹介することが目的です。

 メキシコの貧困層の若者がストリートアートによって社会に溶け込む姿から、日本における環境教育に至るまで、極めて幅広いテーマを扱う短編ビデオという形式を通して、市民だけでなく、公的機関や民間機関も対象にしながら、具体的で有益な新しい解決策の創出につなげることが、このフェスティバルの趣旨です。

 事前選考された短編作品が「MegaCities-ShortDocs」のYouTubeチャンネルで閲覧可能です。優秀作品の選考は9月15日(木)まで一般参加で行われ、だれでも気に入ったドキュメンタリーに投票できます。

 この投票結果に基づいてノミネートされた15作品が、ニューヨーク、パリ、東京で開催されるメガシティーショートドキュメンタリーフェスティバルで上映されます。

 9月29日(木)19時より、アンスティチュ・フランセ東京で開催されるフェスティバルへの参加申し込みは、こちらのページから(参加無料)。

最終更新日 13/09/2016

このページのトップへ戻る