北朝鮮の核実験に関する声明 [fr]

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣とフランス大統領府は9月9日、北朝鮮の核実験を非難する声明を発表しました。

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣の声明(2016年9月9日)

 北朝鮮が今日実施した核実験は、アジアと世界の平和および安全を著しく侵害する重大な行為です。

 私は地域全体の不安定化に関する責任がある政権による、この新たな挑発行為を最も断固とした形で非難します。

 北朝鮮は国連安全保障理事会諸決議に明白に違反し、核・弾道ミサイルの開発を続行しています。このエスカレートは容認できません。

 国連安保理、ヨーロッパ連合、国際社会全体の迅速かつ強力な対応が必要不可欠です。我々の集団的行動の一体性を確保するため、私は関係国の外務大臣と緊密に連携します。

フランス大統領府声明(2016年9月9日)

 フランスは北朝鮮が今日実施した新たな核実験を強く非難するとともに、国連安全保障理事会にこの諸決議違反を協議することを要請します。

 北朝鮮が月曜日(5日)に実施した弾道ミサイル発射実験を、安保理が全会一致で非難した後に発生したこの新たな挑発行為に対し、国際社会は団結しなければなりません。

最終更新日 09/09/2016

このページのトップへ戻る