エロー外務・国際開発大臣が天野IAEA事務局長と会談 [fr]

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は9月5日、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長とパリの外務・国際開発省で会談を行いました。

JPEG - 483.3 kb
Photo : B. Chapiron / MAEDI

 エロー大臣と天野事務局長は、IAEAが注視する主要な問題について現状を総括しました。イランの核問題に関するウィーン合意の発効から9カ月近くが経過しましたが、IAEAがイランによる合意履行を透明性を確保しながら詳細にわたって調査することは依然として極めて重要です。フランスは合意の全面順守について、警戒心を緩めていません。

 エロー大臣と天野事務局長は、国連安全保障理事会諸決議の違反が続く北朝鮮の核計画も取り上げました。エロー大臣は地域および国際社会の安全を脅かすとともに、核不拡散体制に対する挑戦である北朝鮮の挑発行為を非難しました。天野IAEA事務局長が報告した北朝鮮による最近の軍事用核物質の生産再開は容認できません。

最終更新日 06/09/2016

このページのトップへ戻る