イスラエルが入植地に新たな住宅を建設 [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は8月31日、イスラエルの入植活動を非難する声明を発表しました。

フランス外務・国際開発省報道官声明(2016年8月31日)

 フランスは、ヨルダン川西岸に数百棟の住宅を建設する計画の承認と、これまでイスラエル法に照らして違法とみなされていた同地区の200棟近い住宅の事後認可を非難します。

 今般の決定は年初来の入植計画に関連する住宅数を2,500棟近くまで引き上げるもので、極めて憂慮すべきものです。

 入植は国際法上違法であり、2国家解決をむしばみます。

最終更新日 02/09/2016

このページのトップへ戻る