核実験に反対する国際デー、核実験禁止に断固として取り組むフランス [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は8月29日、核実験に反対する国際デーに際して声明を発表しました。

フランス外務・国際開発省報道官声明(2016年8月29日)

 我々は8月29日、国際連合総会が2009年に決定したように、核実験に反対する国際デーを祝いました。

 フランスは1996年に包括的核実験禁止条約(CTBT)に署名し、1998年に同条約を批准しました。フランスは1998年、太平洋の実験施設の不可逆的な解体を完了しました。
我々は署名開放20周年を今年迎えるこの条約が、できる限り早期に発効することを願っています。

 フランスはCTBTのすべての未署名・未批准国に対し、国際の平和と安全に貢献するため、可及的速やかに署名・批准を行うよう促します。

最終更新日 31/08/2016

このページのトップへ戻る