TCAD VI公式サイドイベント「アフリカのための日仏パートナーシップ」 [fr]

 フランスと日本は8 月26 日、第6 回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)に際し、アフリカ大陸における日仏協力に関するサイドイベントを開催しました。

JPEG フランスと日本は8 月26 日、ケニアのナイロビで開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に際し、アフリカ大陸における日仏協力に関するサイドイベントを開催しました。フランス側からはアンドレ・ヴァリニ開発・フランコフォニー担当大臣、日本側からは武井俊輔外務大臣政務官がそれぞれ代表として出席しました。

 本イベントにはアフリカ各国政府の関係者に加えて、数多くの民間企業(トタル、ブイグ、ヴァンシー、ボロレ・グループ、エジス、クレメシー、三菱商事、豊田通商、富士フイルム)、フランス開発庁(AFD)、国際協力機構(JICA)などが参加しました。

 本イベントでは、マニュエル・ヴァルス首相と安倍晋三総理大臣が2015 年10 月に発表した「アフリカにおける持続可能な開発、保健及び安全のための日仏計画」(日仏アフリカ計画)の順調な進捗状況を確認することができました。

最終更新日 26/08/2016

このページのトップへ戻る